Adobe Premiere Pro CS4で再エンコードを回避できるニコニコ動画のMP4を吐き出す設定

タイトル長い…検索エンジン対策バレバレだお。

さて、色々と試行錯誤してようやく再エンコされないPremiere Pro CS4の設定プリセットが固まったので備忘録がてら書いておきます。私は一般会員なので、音+映像で600kbpsを超えたらアウトなんですが、それでも結構高画質になるもんですね。H.264のポテンシャルの高さを見せつけられました。

  • OS:WIndows 7 Ultimate 64bit
  • CPU:Core i7 860(2.8GHz * 4)
  • MEMORY:8GB
  • エンコーダ:Adobe Premiere Pro CS4

■書き出し設定

・フィルタタブ

ブラー(ガウス)…チェック無し

・マルチプレクサタブ

マルチプレクス…MP4
ストリームの互換性…標準

・ビデオタブ

コーデック…MainConcept H.264 Video
テレビ方式…NTSC
フレームの幅…640
フレームの高さ…360
フレームレート…24fps
フィールドオーダー…なし(プログレッシブ)
ピクセル縦横比…正方形ピクセル
プロファイル…メイン
レベル…3.1
ビットレートエンコーディング…VBR、2パス
ターゲットビットレート…0.4Mbps
最大ビットレート…0.47Mbps
キーフレーム間の距離を設定…チェックなし

・オーディオタブ

オーディオ形式…AAC
コーデック…AAC
出力チャンネル…ステレオ
周波数…48kHz
音質…高
ビットレート…128kbps
優先…ビットレート

・その他タブ

※FTPに関する設定なので何も無し

 

…これで2分強の動画(夜火祀)で9MBちょっとでした。結果、16:9の綺麗な動画をアップすることができました。紙芝居ならFLVのほうが向いているらしいですが、何も考えたくないときはMP4でも全然問題ないですね。こだわりが足りなくてすみません。

それにしても、CS4を買ってあまり使わないうちにCS5が出てきちゃったな-。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>